時計を壊せ

駆け出しWebプログラマーの雑記

YAPC::Asia 2013 で ぼくがかんがえたさいきょうのMVC についてはなします #yapcasia

YAPC::Asiaとは

日本で最大級の規模のPerlのカンファレンスです。Perlのカンファレンスですが運用、プロトコル、テスト等開発に関わる様々なトークがあり、和気あいあいとした雰囲気でときには意識高い話もしつつ、ゆるふわにPerlとその周辺技術等への学びや発見を得る事が出来ます。詳しくは http://yapcasia.org/2013/ をどうぞ。

今回、ありがたい事に僕が応募していたトークを採択して頂きました。

ぼくがかんがえたさいきょうのMVCとは

下のリンク先をご覧下さい。

http://yapcasia.org/talk/show/f60b8522-d43e-11e2-ac80-4cc16aeab6a4

ではちょっとさみしいのでこのトークを応募した経緯を書いてみます。


僕は仕事でソーシャルげーむを作っています。ソーシャルゲームは若干特殊な部分はありますが基本的には普通のWebアプリです。(最近はクライアントをAndroid/iOS向けに提供しているものも多いですがそれも多くの場合はバックエンドはWebAPIを提供するWebアプリです)
ソーシャルゲームは場合によってはかなりの種類の機能を提供する場合があり、対応デバイスもAndroid4系/Android2系、iOS/FeaturePhone(所謂ガラケー)などに対応させ、更に複数のソーシャルプラットフォームで動作させる場合もあり、プラットフォームによってOpenSocialの同じAPIでも微妙に仕様が違う場合があったり、同じ目的のAPIをそれぞれ独自の仕様で持っている場合があり、またゲーム自体のロジックが複雑な場合もあり、規模が大きくなる傾向があります。
ある程度の規模まではぶっちゃけ設計が適当でもなんとかなります。意味のわからないコードもひたすら追えばなんとかならなくもないでしょう。最悪全部書き直す事が現実的なコストでできる場合もあります。場合によってはschemaだけ真面目に設計してコードはゴリっと愚直に書いたほうが運用を含めた総合的なコストを低くする事もできる場合も多いと思っています。
しかし、ある程度以上になってくると、適当な設計のアプリケーションでは全てのコードを把握する難易度はかなり上がります。特にRPG系と呼ばれるジャンルのソーシャルアプリは確実に困る規模だと思います。
規模が大きいとどうしても複数人で同時に開発を進める事になります。規模が大きい割に設計が適当だと、同じ役割のコードが様々な場所に書かれたり、様々な機能が沢山搭載されている「ぼくがかんがえたさいきょうのClass!!!」「ぼくがかんがえたさいきょうのmethod!!!」みたいなやつが出来たり、非常にカオスなコードが出来上がります。処理の共通化も困難になり、そのようなコードベース上で無理に行われた共通化は諸悪の根源になりがちです。プロダクションコードでこのようなコードが出来上がると非常に悲しいことになります。テストが書かれていればかなりマシですが、それでもそもそもの設計がぐちゃぐちゃだとリファクタリングにかなり苦労する印象が強いです。コードレビューも苦労します。

これを解決するための考え方の1つが僕はソフトウェアアーキテクチャだと考えています。MVCはそのうちの1つですが、これも必ずしもそのままWebアプリケーションに当てはめられる訳ではなく、特にRDBMSとの関わり方やコンテンツキャッシュとの関わり方について悩んだり、ロジックが変に分散してしまったり、逆に殆どのロジックが詰め込まれる「ぼくがかんがえたさいきょうのClass」みたいな奴が出来て苦労する場合が多いと思います。その為、MVCの考え方を拡張して、目的のアプリケーションに合わせて整理して設計する事が必要になります。
そこに関してある程度考えがまとまったので、今回この話をする事にしました。
ただ、ぼくの考えも非の打ち所の無い完璧なものであるとは思っておらず、より良い感がえ方がきっとあると思うので、この話をきっかけにみんなそれぞれの「ぼくがかんがえたさいきょうのMVC」について話し合うきっかけにでもなれば、ベースの設計の重要性について考える機会が出来たらいいな風な感じです。
id:TAKESAKO さんの「SPDY、HTTP/2.0の使い方」とかid:xtetsujiさんの「mod_perlの展望とApacheの超絶技巧」とかid:akiymさんの「Herokuで学ぶ、初めてのPerl」とか裏番組みんな面白そうなので僕も聴きに行きたいくらいですが、もし興味があれば聴きに来て頂けると喜びます!

YAPC::Asiaに参加するには

チケットの購入が必要です。2日通し券で5000円、1日券で4000円です。なお、学生は無料です。(!!)
チケットの購入はこちらからどうぞ! http://yapcasia.org/2013/tickets/
明日、8/11までなのでまだ購入していない方はお早めに!