時計を壊せ

駆け出しWebプログラマーの雑記

#yapcasia 2013 で 「ぼくがかんがえたさいきょうのMVC」について話してきました

昨日の13:40から多目的教室3で「ぼくがかんがえたさいきょうのMVC」という題でトークをさせて頂きました。


http://yapcasia.org/2013/talk/show/f60b8522-d43e-11e2-ac80-4cc16aeab6a4

内容について

大それたタイトルですが、MVC disというかんじではなく、上手くMVCを使うためにそれぞれのアプリケーションの要件に最適化した「ぼくがかんがえたさいきょうのMVC」をつくり、そこに対して規約を作り運用していくとだいぶ良い感じですよという感じの話で話をさせて頂きました。
20分は思いの外短いなということで、トピックスに対する答えはだいたい詰め込んだつもりですが、
時間の都合上一部削ったものもあります。すみません。


前半でMVCを何故カスタマイズするべきかについて触れ、後半でMVCをカスタマイズする例*1とそれを守るためにチーム内規約を作って運用するのオススメですという感じの事を話しました。
MVCは抽象的、って表現はいま思えば適当ではなかったです。「MVCは必ずしもあなたの書こうとしているアプリケーションの構成要素に対して具体的な紐付けが確定されているものではない」って表現のがたぶん僕の言いたい事に近いです。
なので具体的な構成要素との紐付けは自分で考えなければいけないけど、チーム内で解釈にブレが出るとカオスになるし、ちょっとイレギュラーな事をやってるとどこに紐付ければ良いか分からなくなるので、具体的に目的のアプリケーションのどの部分とMVCそれぞれが紐づくのか具体化しましょうということが伝えたかったです。


今回、MVC自体がビギナー向けの話題ではないかもしれないと思い、レギュラー向けで応募させて頂きましたが、ビギナーの方にも分かりやすい内容にまとめられたかなと思います。スライドはぜひご覧ください。内容についておかしいと思う点、不明な点があれば、Twitterのメンションやコメント欄などでぜひ気軽に質問/反論してください。



という問題があったみたいで、Sub Room3で id:yappo さんのトークを聴いていたのですが、Sub Room2での発表だと思ってちょっと前に抜けてSub Room2に行ったら違かったので慌ててSub Room3に戻ってだいぶ緊張した状態でトークを始める感じになるというハプニングもありました。
※これは僕が事前にちゃんとトークの前後関係や部屋を把握していれば防げた問題で、僕の責任です。アプリ自体は非常に便利に利用させて頂きました。作者の方、本当にありがとうございます。

*1:実例をもとに簡略化しました