読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計を壊せ

駆け出しWebプログラマーの雑記

ISUCON6のために準備していたあれこれ

気持ちが収まりきってないので感想とは別にひとまず準備していたあれこれを紹介しようとおもいます。

Anislbe

いわゆる秘伝のタレというやつです。

以下のことを事前に自動化していました。
使わなかった/役に立たなかったものもありましたが、このあたりを用意しておいたおかげで無心でansible-playbookを打てば反映出来るという感じの世界観にできてよかったとおもいます。 反省としてはコードの反映は git pull でええやろという感じだったのですが、やはりdeployスクリプトがあったほうが良いという結論になったのでそのあたりは反省の余地があったなという気持ちです。

  • 初期構築
    • percona/mackerelのdeb repositoryを追加
    • hostnameをazure上のVM名と合わせて分かりやすくする
    • 調査やライブラリの依存などで高い確率で必要になりそうなものをインストール
    • 各メンバーのユーザーを作って鍵を通す
    • passなしでsudoできるようにする
  • 各ミドルウェアの設定のデプロイ

https://github.com/karupanerura/isucon6-qualifier/tree/master/ansible

設定ファイル類

まあみてってください。

https://github.com/karupanerura/isucon6-qualifier/tree/master/config

SSH configの自動生成

https://github.com/karupanerura/isucon6-qualifier/blob/master/tools/make-ssh-config.pl

開発環境作成スクリプト

ベースのイメージをコピーして諸々のリソースを分割したVMを立ててくれるスクリプト。 こっちは id:ar_tama がやってくれたのでたぶん書いてくれるはず。

https://github.com/karupanerura/isucon6-qualifier/tree/master/tools/azure

便利情報リンク集

開始前の微妙に空いた時間とか行き詰まったときとかに読み返したりとかできて個人的にはよかった。

https://github.com/karupanerura/isucon6-qualifier#便利情報リンク集

練習

去年のISUCON5予選の後から数えて、計6回集まって過去問への再挑戦などの素振りを行いました。

この練習の成果として、チームとしての動きが板に付いてきて、昨年と比べてかなり効率的に動けた気がします。 また、オペレーションの効率化のために何が必要かもこの過程で理解が高まったとおもいます。

まとめ

来年はより効率的に動けるよう精進していきます。

YAPC::Asia 2015でうっかりをなくす技術について発表しました

yapc

スライドはこちらになります。

www.slideshare.net

まとめていただきました!

うっかりを潰せ!Perlに見る「やらかし防止」 #yapcasia #yapcasiaC - Togetterまとめ

YAPC::Asia Tokyo 2015 1日目レポート[更新中]:YAPC::Asia Tokyo 2015 スペシャルレポート|gihyo.jp … 技術評論社

200人〜300人くらい入る部屋が満員御礼で立ち見も出る程の方々にお越しいただきました。

緊張してしまってうまく話せなかった部分や、時間配分を間違えてしまって最後のあたりが駆け足になってしまいましたが、 会場の雰囲気やまとめなどを見る限り、伝えたかったことは伝えられたかと思います。 裏番組が非常に魅力的な中で、あえてぼくのトークを聴きにきて頂きまして、本当にありがとうございました!

よかったら、ベストトーク賞の投票もおねがいします :)

yapcasia.org

宣伝

Gotanda.pm #6やります!

gotanda-pm.connpass.com

YAPC::Asia Tokyo 今日、このあと 15:30 から「うっかりをなくす技術」について話します

yapcasia.org

裏番組がすごいつよいので、負けないようにがんばります! もしよかったらきてください!

Perlからmrubyの関数を呼び出せるようになりました

mRuby.pmにmrubyの任意の関数を呼び出すインターフェースを追加しました。バージョン0.08としてリリースしています。

Perlのデータを引数として渡してmrubyの世界で扱い、mrubyの世界の値を返してPerlから使うことができます。 mrubyからPerlにデータを渡すことは今までのmRuby.pmでも可能でしたが、Perlからmrubyにデータを渡すことは0.08から新しくサポートしました。

つまり、以下のようなコードが動きます。

use mRuby;

my $mruby = mRuby->new(src => <<'...');
def add(l, r)
    l + r
end
...
my $ret = $mruby->funcall(add => 1, 2) + 3 + $mruby->funcall(add => 4, 5); # => 15

これによって、iOS/AndroidアプリとPerlのWeb APIで共通となるロジックや設定をmrubyで書き、 動的にロジックや設定を更新し適用するといったことが可能となります。

ぜひ、使ってみてください :)

宣伝

今週水曜日(2015/06/24)はGotanda.pm #5です!ぜひきてください!

gotanda.pm.org

宣伝2

YAPC::Asia 2015にトークをsubmitしています。良かったら+1してください!

追記: acceptされました!ぜひ見にきてください!

yapcasia.org

Cartonで不要になったモジュールをcpanfile.snapshotから削除したい

perl carton

こうすることで消せた:

rm -rf local
carton install --deployment
carton install

なんか良い方法ないかなー。

追記: 2015-06-11 17:03

CIでcpanfile.snapshotを生成すれば解決しそう

参考: www.songmu.jp

GeoHex v3のC99実装ができた

掲題の通り。詳しくはREADMEを読んでみて欲しい。 karupanerura/c-geohex3 · GitHub

GeoHexとは何なのかと言うと世界を六角形により分割するためのアルゴリズムだ。 サイバーでかっこいいデモが公開されている。 デモサイト: GEOHEX.net

幾つかインターフェースや名前や実装方法を変更しているが、基本的にはJavaScriptにより実装された原始コードの移植と言って差し支えない。 元コードとアルゴリズムはMITライセンスで提供されており、本コードもMITライセンスで提供している。

現状で提供されているテストケースは全てパスしており、 以下のようなコードが動く。

#include <geohex3.h>
#include <stdio.h>

int main (int argc, char *argv[]) {
  for (int i = 1; i < argc; i++) {
    printf("/********* geohex:%s **********/\n", argv[i]);
    const geohex_verify_result_t result = geohex_verify_code(argv[i]);
    switch (result) {
      case GEOHEX3_VERIFY_RESULT_SUCCESS:
        {
          const geohex_t geohex = geohex_get_zone_by_code(argv[i]);
          printf("code  = %s\n", geohex.code);
          printf("level = %zu\n", geohex.level);
          printf("size  = %Lf\n", geohex.size);
          printf("[location]\n");
          printf("lat = %Lf\n", geohex.location.lat);
          printf("lng = %Lf\n", geohex.location.lng);
          printf("[coordinate]\n");
          printf("x = %ld\n", geohex.coordinate.x);
          printf("y = %ld\n", geohex.coordinate.y);
        }
        break;
      case GEOHEX3_VERIFY_RESULT_INVALID_CODE:
        printf("code:%s is invalid.\n", argv[i]);
        break;
      case GEOHEX3_VERIFY_RESULT_INVALID_LEVEL:
        printf("code:%s is invalid level. MAX_LEVEL:%d\n", argv[i], GEOHEX_MAX_LEVEL);
        break;
    }
  }
}

せっかくなのでXSを使ってPerl Bindingを書いた。

Geo::Hex::V3::XS - GeoHex implementation with XS. (c-geohex3 Perl5 binding.) - metacpan.org

近いうちにSwiftのbindingも書くつもり。

宣伝

gotanda.pm.org

いますぐ応募!

宣伝2

yapcasia.org

聞きたい!という人はイイね!なりツイートなりお願いします!

npmに上がっていないブラウザ向けに書かれたJavaScriptをnode.jsから雑に使うの術

javascript

ブラウザ向けに書かれたJavaScriptだと、windowに対してexportしていて、nodeから使いにくくて困ることがある。 nodeでも動くようなpatchを書けばいいという話ではあるが、githubにコードが上がっていないとやりにくくてつらい。

そこで、適当なObjectをcontextにして、vmでぶん回すことで、雑に解決することができた。 以下はGeoHexというライブラリのJavaScriptの実装がwindow.GEOHEXにエクスポートする実装であったために困ったので雑に解決した例。

"use strict";

var http = require('http');
var co   = require('co');

var get = function (url) {
  return new Promise(function (resolve, error) {
    http.get(url, function (res) {
      res.setEncoding('utf8');

      var buf = "";
      res.on('data', function (chunk) {
        buf += chunk;
      });
      res.on('end', function (chunk) {
        resolve(buf);
      });
    }).on('error', error);
  });
};

var getGeoHex = co(function *() {
  var window = {};

  var vm = require('vm');
  vm.createContext(window);

  var body = yield get("http://geohex.net/src/script/hex_v3.2_core.js");
  vm.runInContext(body, window);

  return window.GEOHEX;
});

getGeoHexを、以下のようにyieldしてやるといいかんじにwindow.GEOHEXが取得できていることがわかる。

co(function *() {
  var GEOHEX = yield getGeoHex;
  cosole.log(GEOHEX);
});

雑だけど問題は解決できた。べんり。

このへんで使った: c-geohex3/dump.js at master · karupanerura/c-geohex3 · GitHub